男性の特有の悩みを解決。 ジェネリックレビ@ラ輸入代行サービス 純正品もジェネリックも取扱いあり。

ジェネリック(後発医薬品)とは

新薬が発売されますと製造元に一定期間の薬事特許が与えられます。
特許期間中は別の製薬会社が同じ有効成分の薬品を製造することが禁止されます。
ジェネリック薬品とはこの特許期間が満了後、別のメーカーから出た同じ成分、同じ効能の薬品のことを言います。
開発費が定価にのっていないため、先発品よりも40%~80%と安く発売されます。
製品番や色形はメーカーごとで設定しますのでメーカー別でそれぞれ異なりますが、含有成分は同じで効用も同様です。日本の医療現場では患者の負担が決して低くなく、これを軽減するべくジェネリック医薬品の普及に厚生労働省が乗り出し、広く知られるようになりました。呼称方法が特徴的で、製品番がメーカー数と同じだけあり、参入が多い製品は混乱が予想され、投薬ミスを未然に防ぐ目的で、成分名やジェネリック●●(純正品番)と呼ばれたりします。

インド製のジェネリック薬について

特許権の存続期間は出願日より20年あります。ところが特許制度が欧米とは異なり成分特許を認めていないインドでは、特許が切れた薬だけでなく、インドの国内法において特許が認められてない、特許の適用から外れている薬がジェネリック医薬品として大量に生産されており、アフリカなどの貧困国ではインド製のジェネリック医薬品が大量に使用されています。この問題は欧米との間で争いになっており、欧米側が新しい法律を作って規制するなど対抗措置を行っていますが、インド製の安いジェネリック医薬品が途絶えれば貧困国の医療が崩壊するという深刻な問題も孕んでいます。

偽物(にせもの)にご注意

弊社の扱うジェネリック薬はインド政府の許可を得た世界有数の製薬会社が品質管理を行い製造された医薬品です。

それに対して、中国製の偽物はアパートの一室など不衛生な環境で、薬剤師などの資格を持たない素人により製造されていることが多いそうです。